2013年10月03日

男性は結婚をこう思っている!年収別・結婚に対する男性の意見集めました

いったい男性は結婚に対してどう考えているのでしょう? 東京在住の様々な職種、年収の男性にインタヴュー。「なんとなく幸せになりそう派」「すがりたい派」、「流れに身を任せる派」「どうでもいい派」「監獄派」様々な意見を集めてみました。

■「なんとなく幸せになりそう」な対象として見る

「稼げると思って東京に出てきたんだけど、仕事もきついし趣味もないんで、とりあえず結婚したら、幸せになれると思って」(20代前半・男性 クリエイター 年収200万)

「ドラマなんかでも最後に結婚してハッピーになるシーンが多いじゃないですか。収入もあんまりないし、結婚したら何かが変わりそうだなと思う。だから結婚したい」(20代後半・男性 公務員 年収250万)

東京に出てきても職がなく、そう稼げなくて未来は不安定。不安で仕方がない、そんな男性に結婚は「なんとかしてくれる」ゴール、安心の対象として映っているのかもしれません。

■なんでも言うことを聞く女が欲しい「すがりたい」派

「ご飯を家で作って欲しい。掃除もやってくれるから助かると思う、部屋汚いんで」(20代前半・男性 大学生 年収150万)

「嫁だとタダでやり放題でショ。炊事洗濯もしてくれるしねぇ美人なら結婚したいな」(30代前半・男性 商社 年収800万)

結婚したい派の男性の、圧倒的に多かった意見が「結婚したらいろいろ家事をしてくれる」「ご飯を作ってくれる」という声でした。

良くも悪くも、奥さんが自分の思い通りに動いて当然と思っている男性が多いようです。

■流れに身を任せる派の男性達

「別に結婚してもしなくてもいいんですよ。まぁ流れですることになるならそれでいいかなって」(30代後半・男性 デザイナー 年収500万)

「彼女はいるんですけどどっちでもいいかなって。彼女がしたいっていうならしてもいいかな。でもお金はかけたくないなぁ」(30代前半・男性 IT 年収400万)

「流れですね。いろんな状況や、相手への想い、お互いの状況を踏まえて『時が来た』と感じたら。

相手を安心させてあげる為、また自分の次へのステップの為に一緒になるんじゃないでしょうか」(30代前半・男性 IT 年収3,000万)

結婚したくないわけでも、したいわけでもない流れに任せるという男性も多数。この層はもう一押しすれば落ちるのかも。

■結婚はどうでもいい派

「どちらかというと、したくない。考えたことはあるけど、男性にとってマイナスのほうが多くないですか?」(40代前半・男性 年収1,000万)

「あんまり、考えたことは無いですね。相手の親とか絡んでくるのが面倒だし子供も欲しくないし。子供が出来たりどうしてもという状況を除いてはしなくてもいいかなぁ」(20代後半・男性 年収800万)

どちらでもないというよりもむしろしたくない、という男性も多数。年収と比例して「必要性を感じない」という男性が増えているのが興味深いところ。

■「結婚は人生の墓場」監獄派

「絶対に結婚したくない。もし浮気したら法律的にも問題になるじゃないですか。子供も育てないといけないし」(30代・男性 年収1,500万)

「うちの親父が、そこそこ稼いでるんですよ。年収1000万以上あるのにお小遣いはたった月3万円、残り100万円近くは全部母が生活費の名目でブランド物等に使っています。

親父のことを母は『ATM』とよそで呼んでいます。見ていて悲惨なので一生独身でいいです」(30代後半・男性 年収1,200万)

年収別に傾向が見えて、興味深い意見をたくさん拝聴できました。婚活の際の目安に、ぜひご活用されてみては。


posted by ピータン at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性の上司に聞きました。女性社員を昇進させてあげたいと思う3つの条件

女性を部下に持っている男性上司は悩みがいっぱい。その中で特に不快感が大きい「おしゃべり」「心の揺れ」「チームワーク」男性上司に、女性が満たせば昇進させたくなる3つの条件を語ってもらいました。

■言われたことを、素直にやる。チームワークを理解する女

「言ったことをそのまま素直にやる女性は、上司としても気軽に使える。そうすると仲も自然に良くなるし素直に昇進させてあげたいと思う」(30代・経営者)

「さっさと指示を聞いてほしいのに、なんだかんだ言って実行までに時間がかかる女は困る。そのうだうだ言う時間に会社は給料を払いたくないと思ってしまう。

安直だけど、やっぱり言うことを素直に聞く社員が一番かわいいし、上にあげてあげたい」(50代・食品)

「何か指示したらいちいち反論してくる女性。これは使いづらいね。

反論されて動いてくれないと、組織としての統率が無くなりチームとしてバラバラに砕けてしまう。個人の意見として正しくても、組織構築という面ではやはり言ったことに素直に従ってくれたほうが正しい。

最近は個を大切にする風潮が多いので、そうしたチームワークを理解して仕事をしてくれる女性は貴重なので重宝する」(60代・製造)

いい悪いはともかく、和を乱さず言われたことを素直に「ハイッ」と言って動く社員は好印象のようです。

■おしゃべりをしない女、自分の意見をしっかり述べられる女

「女性に理解して欲しいのが、いかに仕事中のダラダラおしゃべりが男性にとって不快かということ。

例えて言うと、男性は不潔でもあまり気にしないけれど女性は不潔さ、気になるでしょう? 女性はおしゃべりは気にしないけど男性はものすごく気になる。そういう感じ。

だから、おしゃべりせず黙々と仕事をする女性は男性からすると、他の女性社員と差をつけてあげたいと感じる」(30代・広告)

「会議で、女性同士だと話がお互いの話の同調のし合いでちっとも前に進まないことがある。

会議ではお互いの同意なんか求めていない、自分の意見を客観的に冷静の述べて話を進めることを求めている。それが出来る女性は昇進に値する人です」(50代・マスコミ)

おしゃべりは控えめに、自分の意見をしっかり発言できる女性は上司も目をかけるようです。

■心の揺れが無い女性社員は重宝される

「これはすごく人によるんだけどね。生理なのかな? すごく機嫌がいい時と悪い時がある女性社員がいる。

そういう時、上司としては単純に×マークを頭に書き込む。女性の体もいろいろあるんだろうけど、ちゃんとそれをコントロールしている人もいる。感情の起伏が激しい人が上に立ったら部下がかわいそうだからね」(30代・IT 経営者)

「ヒステリーを起こす女性は、男性はみんなドン引き。一度起こしたら、『絶対にこの人と仕事したくない』と思うので本人にとってもとても残念なこと。

感情を抑えることは社会人としての最低のマナーで、これを取引先にされたらと思うとゾッとする。逆に、何があっても常に穏やかな女性であれば、先頭に立って部下に指導してほしいと思うので昇進を検討する」(40代・企画)

上に立つ者には冷静沈着さが必要と感じている男性上司は多いようです。

昇進する為の3つの条件。同僚との人間関係を大切にしつつも、ぜひ職場で試して上司の反応を見てみられてはいかがでしょう。
posted by ピータン at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の出会いはこれで決まり!出会いと恋の予感ビシビシ厳選スポット5

秋といえば恋の季節。素敵な出会いを求めるあなたのために、「山での出会い」「料理教室」「英会話スクール」などなど、男性との素敵な出会いが埋まっているかもしれない、意外な厳選スポットを5つ、ご紹介します。

■秋の山に出会いを求めていくべき理由とは

山の季節は、夏だと思っていませんか。確かに夏の登山は気持ちがいいもの。しかし夏は誰もが海や山を目指すので必然的に人が増えて込み合います。

さらに、夏は子供が周りをワーキャー言いながら走り回っていたりとロマンスとはかけ離れていて、もともと二人で行くならまだしも、出会いはあまり期待できそうにありません。

しかし、秋はロマンの季節。男性も心がキュンとなりやすい季節で、美しい山の紅葉や景色を見ていると心も自然と恋を求めます。そしてこの時期に山に登っている男性はナンパ目的でなくて、真面目で風情を介するジェントルマンが多いのです。

「すみません、写真撮ってもらえますか?」

オールマイティなフレーズから、きっかけ作りをはじめてみてはいかがでしょう。

■料理教室はデキる男の宝庫

秋になると習い事を始めたくてフラッとやってきたくなるのが秋の魔力。そして料理が出来る男性は、総じて仕事も出来ることが多いそうです。

料理教室でいつもはあまり見かけない男性陣も、この時期増加傾向にあります。

もちろん他のライバルもうようよいますが、うまくいけば料理を作れる素敵な彼氏を見つけることが出来るかもしれません。ついでに彼の料理の腕もチェック出来てしまいます。

あなた専属のシェフになってくれる可能性も転がっている料理教室。短期間でも通ってみると、思わぬ収穫があるかも。

■英会話スクールで新しい彼に”Hello!”

料理教室と同じ理由で、英会話スクールにもにわかに英会話を習いたい人が急増します。

英会話はやりたいお稽古ナンバーワン、どのスクールもこの時期は込み合います。そして英会話スクールは要するに「英語でおしゃべり」するだけで、中身は単なる日常会話。

「どこの出身?」「家族構成は?」堂々と知らない男性に、根掘り葉掘り聞くことを許される場はそうそうありません。

もちろんあなたの英会話スキルアップも期待できるし、もしかすると外国人の彼が出来ちゃうかも。英会話スクールに行かない手はありません。

■秋のクラブにはピュアな男性が大量に

クラブなんて年中出会いあるでしょ、確かにその通り。それではなぜ敢えて今行くべきなのかと言うと、夏に遊んでいた男性は女性のケアで秋は予定が一杯。ハントに行く暇などないのです。

この時期、クラブに来ている男性は実はビビリの初心者もたくさん混じっています。なんとなく来てみた右も左も分からない、純粋な男性を見つけるなら今がチャンス。

黙っていて待っていてはいけません。オロオロしている男性に勇気を持って「よく来るの?」と話しかけたら、アウェイ感満載で困り果てていた彼にとって、あなたは観音様。もうイチコロです。

■ 秋こそ、街コンにGo!

一時期盛り上がりを見せた街コンですが、今の時期は真面目な男性が出会いを求める季節。知的な男性が特に多く集まり、街コン参加者も「男性の質」が確実に上がっています。

そもそも、真面目で誠実なサラリーマンは積極的に合コンに参加したりしないのです。

しかし、秋の哀愁に誘われてなんとなしにやってくる可能性があるのが街コン。そよ風に乗せられてふわっとやってきたたくさんの男性を、見定めてチョイスできるのが街コンのいいところ。

5つの秋の厳選・秘密のオススメスポットには、素敵な出会いがたくさん。この秋、トライしない手はありません。
posted by ピータン at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。