2013年10月03日

浮気しない男の共通点!こんな男を選ぶべし

どうせ付き合うなら、浮気しない男がいいですよね。浮気しない男には、実は共通点ありました。ふとした仕草で、彼が浮気性かどうかある程度判別することは可能です。男性に聞いた、オタク、草食系イケメン、浮気しない男性のサインとは。

■オタクは一途の裏返し

オタクっぽい男性は、何かに対して一途でそれしか目に入らないからオタクなのです。

つまりオタク=浮気しにくいと言えるので、飲みの席で何かについて細かく語ってオタクぶりを発揮している男は、密かにポイントを加点してあげましょう。

■あなたに「たくさん」友達を紹介してくれる男は安心

人間やましいことがあると、そこを指摘されると思って人に紹介できないもの。つまり多くの友達を紹介出来るのはやましいことがない証。

ひとりふたりではなく、どんどんたくさん友達をあなたに紹介してくれる、そんな彼は信用してもいいかもしれません。

■草食系イケメンは浮気しにくい

イケメンは浮気する男が多いのですが、合コンやパーティでも消極的な、でもイケメン男性は意外なことに浮気しにくい傾向があるようです。

実際に筆者が体験しました。数合わせで来てもらった合コンで、わざわざ彼女がいることを女性陣に告げたのも草食系イケメン。見つけたら逃してはいけません。

■貴重品を預けてくれる男は大丈夫

風俗やキャバクラに行く男なら、財布に知らず知らずのうちにお店のカードや名刺、割引券を忍ばせているものです。

ふとした時に貴重品を預けてくれる男性は、見られても問題ないものしか入っていないから預けてくれているはず。

たまに何も考えず貴重品を預けるバカな男もいますが、預けてくれる男は比較的、信用できると思ってOK。

■究極の浮気アイテム「ケータイ」の扱いで相手を見極める

浮気する男が最も見られるのを嫌うのは、ケータイ。頻繁にメールやLINEで他の女とやり取りしている男はケータイを見られることを極度に嫌います。

食事しながら、長時間いろんな写真を携帯電話で見せてくれる男は、少なくとも頻繁に連絡を取り合っている女性はいないと思っていいと思います。

中には、男性もそれに気づいて電波が届かない飛行機モードにしているズルイ男もいるので、飛行機モードにしていたらその男はやめておきましょう。

浮気しない男のサインを敏感に感じ取って、穏やかな気持ちでお付き合いできるパートナーを見つけましょう。


posted by ピータン at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座のママが吉原の格安ソープ嬢に!? 夜の世界の暗黙のルールとは

銀座のあの有名クラブのママがまさかの吉原のソープ嬢に?! ホステスは給料カット、売り上げたお客さん達も未払いの嵐。不況の風が吹きすさぶ、かつてのきらびやかな銀座はここまで厳しくなっていた!

■きらびやかだった銀座、今は閑古鳥

銀座の女性はきらびやかなイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。夜の銀座を歩いていると、キメキメの髪をした大人の綺麗なお姉さま、そしてそれに同伴しているお金持ちのおじ様たち。

キラキラ輝いていて、色んなドラマが繰り広げられている。そんなイメージをお持ちの方はとても多いと思います。

しかし、不況のあおりをうけて、ここ数年で銀座の中だけで100を越える店が閉店。不況の波は、ダイレクトにこの街にその影を落としていました。

■夜の世界の知られざるさまざまなルール

水商売にはいろいろなルールがあります。銀座であれば「ある店あるホステスの紹介で行った客に対して付く売上げは、すべてそのホステスのものになる。」

つまりお客さんが誰を指名しようがそのホステスの売上げになる「係制」という独特のスタイル、遅刻したら罰金等の「労働基準法違反無視」(罰金取ることは違法)などさまざまな暗黙の掟があります。

■水商売最大の特徴、鉄の掟「カケ」とは

その中でも、特に有名なルール「カケ」つまり売掛金があります。飲み屋の「ツケ」と同じと思えば分かりやすいでしょうか。

銀座は特に接待で使われることが多かった特性上、お店に来てもらったお客さんが飲んだ後に、会社にカケの請求書を送っていたことも昔はよくありました。

銀座だと値段が高すぎて、会社が払ってくれるにしても個人では一時的にも立て替えるお金も持っていない場合もあったからです。

■客の未払いは担当ホステスが立て替えるべし

この「カケ」は銀座に限らず、ある程度の高級店であれば広く取り入れていたシステム。飲み屋と違うのは、お客の未払い金=ホステスの店からの借金という考え方。

接待でよく使われる銀座は特にこれが多く、夜の世界では「カケ」をお客さんが払わなければ、その担当が替わりに払わなければいけないというルールがあります。

銀座をよく使うお客さんであれば、月に100、200万と使うことも。もし払ってもらえない場合、ホステスが自腹を切ることに。

貯金があればいいですが、それでも足りないときは自分で働いて返すしかありません。

■銀座のママといえども吉原のソープで働くことも

あるお店では、大口のお客さんが何百万と使って、逃げてしまいました。そのお店はある人気ホステスのお客さんだけでもっているようなお店。

当然ママはそのホステスがカケを立て替えるだろうと思っていたら、なんとそのホステスが雲隠れしてしまいました。他のお客さんも来なくなり、カケのお金ももらえずダブルパンチ。

銀座は日本一家賃が高いと言われています。ホステスの給料も、ものすごく高い。一度でも滞納すれば途端に銀座中で噂が広まります。なによりプライドが許しません。なんとしてもお金を作らなければいけない。

そんなママが選んだのは、手っ取り早くお金を作ることが出来る吉原の格安ソープでした。年齢がいっている分高いお店では雇ってもらえません。お昼はソープで働いて、夜は店に出勤。

ママとなれば、お客様の付き合いを断るという選択肢はありません。朝まで飲んで、夜働いて、睡眠時間は2時間を切り、それでも出ないとお店は潰れる。

ママが元気がないと店も盛り上がらないので売上も上がらず、負のスパイラルに陥っている、そんなお店もあるとのこと。

きらびやかに見える銀座の夜の世界も、決して楽ではないようです。
posted by ピータン at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚女はもう結構!?「結婚シテシテオーラ全開」女の5つの共通点とは

「この人とは結婚はないな」と思わせてしまう、女性の共通点とは。どうせなら結婚に結びつく恋愛がしたい。でもやりかたを間違えると逆効果。「友達の結婚話」「結婚がない恋愛は意味が無い」共通点を集めました。

■友達の結婚話をやたらする

友達の結婚の話を聞くのは男性もいやではありません。しかし、過ぎたるは及ばざるが如し。

「最近〜ちゃんが結婚して、結婚式でこんな余興があって、すごく感動しちゃった。でね、彼女の友達が・・・で、彼氏側の家族が・・・で、でもでもウェディングドレスがすごく綺麗で・・・」

聞いている男性はうんざりしてきます。

「そんなにお前は俺と結婚したいのか」結婚したい押し押しオーラを感じ取って、男性の心はのけぞっています。

■「結婚がない恋愛は無意味」とバッサリ

最近よく聞くこのセリフ。男性はどう思っているのでしょう。

「結婚がない恋愛なんか、ありえない。結婚を考えられない人はダメ」

女性の気持ち:「私のことを真剣に考えてくれる、私だけ見てくれる人がいいの。将来生活を支えてくれて子供の面倒も見てくれて浮気しない誠実な人ならいいな」

一般的な男性の気持ち:「重い女だな、やめとこう。付き合ったらもめそうだし気が重い。他の女をさがそっと」

女性の気持ちも分かります、しかしそれをうまく伝えてゴールインするには、発言に細心の注意が必要。

■相手の収入を問い詰める「尋問女」

ことあるごとに「どんな役職にいるの、年収いくら?」と聞いてくる女。

「お見合い系サイトで女の子と出会ったんだけど、『仕事は? 将来の仕事のヴィジョンは? 年収は? 毎年の昇給額は? 老後のプランは?』って質問攻めに遭ってさ。

質問っていうか、尋問? 多分悪いことして警察に捕まったら、刑事さんにあんな風に問い詰められるんだろうなと思った。カツ丼は出なくて逆に俺がおごったけど(苦笑)」(30歳/IT)

そんな女性と付き合うメリットが男性に果たしてあるのでしょうか。

■結婚雑誌は諸刃の剣

「彼女の家に行ったら、結婚雑誌が分かりやすい感じで置いてあったのよ。それも大量に」(39歳/広告代理店)

少量で、分かりにくい場所においてあってたまたま見つけたのであれば、「そうか彼女もこういうこと、そろそろ考える時期なんだな」と男性も思います。

しかし。部屋にこれみよがしにおいていると、「そろそろ別れ時だな」これが男性の心理です。”too much”な女性のアピールは、彼女への心を削ぐものなのです。

■「時間を無駄にしたくない」発言で男性の心を瞬間冷凍

最後に、男性・ドン引きセリフNo.1フレーズをご紹介します。

「時間を無駄にしたくないの」

男性としては、外見、性格、SEX、食生活、趣味、その人のいろんな面をよく見て「この子ならずっと一緒にいたいな、守ってあげたいな」という流れの延長線上に結婚があると思っています。

つまり、女性がこう言うことで男性としては「結婚へのプロセスを無視した女」と映ってしまい、恋愛思考が「瞬間冷凍」されてしまいます。

そしてその結果、「ドン引き」という残念な態度になってあらわれてしまうのです。

結婚は二人の共同作業。お互いの心理を理解して、ベストパートナーをゲットしたいところですね。
posted by ピータン at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。