2013年10月03日

ローラの父親が詐欺容疑で逮捕! CM降板の危機に独女の反応は?

ローラの父親でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者が、海外療養費をだまし取ったとして、詐欺容疑で現在も逃亡中。不祥事を起こした父親を持つ女性タレントへの独女の意見を募ってみました。

■辛口な意見は少数派

「親が不祥事を起こしたのであれば、TVに出るべきじゃない。」(40歳/製薬)
「東京都の国民健康保険料の納付を呼びかけるポスターのキャラクターをしているクセに、父親が詐欺事件の容疑者じゃあ、説得力ゼロ。」(28歳/公務員)
「あの子ってあのおバカキャラだし、あんまり好きじゃないから、やっぱり親もいい加減でそんなものなのかと思った。」(38歳/社会保険労務士)

しかし、これらの意見は実は少数派。

■独女の同情を誘い、印象が急上昇

その後、ローラのオフィシャルブログで

「いろいろとお騒がせしてごめんなさい。父には日本に来てしっかり本当のことを話してもらいたいと思っています」

このように書いたり、様々なメディアで謙虚・誠実な態度を見せるローラは、独女に高く評価されているようです。

「そもそも、自分には関係ないことなのにここまでちゃんと腰を低くする姿勢は偉い。まだ若いのに。」(38歳/総務)
「最初は嫌いだったけど、ネットを色々チェックして彼女の生い立ちを見てからは、若い頃から苦労してたんだな、変な親を持つと大変だなって同情心を持つようになった。」(42歳/美容)
「親は親、自分は自分として頑張って欲しいなって感じになった。」(33歳/医療)

■知られざる面を知るきっかけになり好印象

ローラのことを良く知らなかった独女達がこの機会にネットなどで詳しく調べはじめ、彼女の普段の真面目な態度に対して評価がプラスとなり、さらに同情も誘って株価が急上昇している様子。

「ちょっと今度から注目してみようって気になった。」(36歳/デザイナー)
「少なくとも嫌いではなくなった。今回は気の毒。頑張って欲しい。」(29歳/経理)

今回のことをきっかけに、彼女の姿勢を支持するようになった独女も多数。

■芸能人はその人を囲む全てのイメージが全て

ビジネスとして、バラエティ番組やCMに露出することに対しても意見を募ってみました。

「バラエティ番組に出ても別に問題ないんじゃない? 昔刑務所に入っていた人も出てるくらいだし。本人は何もしてないんだから。」(37歳/マーケティング)
「なんでもありでしょバラエティ番組なら。出るのは全然問題ないと思う。むしろ出て欲しい。」(31歳/アパレル)

バラエティについては気にしていない独女が大半を占めました。

「可哀想だけど、CMを降板させられても仕方がないと思う。彼女に罪は無くても、会社としては彼女は『看板』。それがどういう汚れ方をしているかは関係ない。看板が汚れたか、汚れていないか、ただそれだけ。」(37歳/マーケティング)
「少なくとも国民健康保険料の納付のキャラクターでは起用されないと思う。私がスポンサーならしない。」(30歳/商社)

自分に関係ないことであっても、CMという商品にイメージを付加するビジネスでは、全てのイメージが大切と考えている独女も多い様子。

ローラを擁護しつつも、現実を冷静に判断している独女達の意見に「独りの女の強さ」を感じました。CMという仕事柄、そう見られることも仕方ないのでしょうか。

「彼女には何の罪もないし、今回のことに負けずに頑張ってほしい。」(大多数の独女)

父親が起こした事件に無関係ながら、芸能人という職業柄、騒がれることになってしまったローラ。多くの女性はローラに同情を感じ、好感度がUPしている様子ですが、事件の一刻も早い解決を願ってやみません。


posted by ピータン at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。