2013年10月03日

アシアナ航空機が着陸失敗! 夏のバカンスへの影響は? 独女はどう思う?

米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故。2人が死亡、多くの負傷者を出すことになった大惨事。これから夏本番でバカンスを予定している方も多いはず。女性に意見を聞いてみました。

■ほとんど気にしないという意見が圧倒的

「ひどい大惨事。でも今回はたまたまじゃない?」(25歳/メーカー)
「一定の確率でこういうことは起きるもの。被害に遭われた方には申し訳ないと思うけれど・・・」(33歳/医療)
「アシアナはよく利用しています。今回はびっくりしたけれど、慣れているしまた使うと思います」(23歳/広告代理店)

意外なほどに、今回の件に関しては冷静な意見が多数。

■ビジネスでやむなく利用も

「ビジネスで頻繁にお世話になっています。いちいちいつ起こるかわからない飛行機事故を気にしていたら、仕事にならない」(30歳/貿易)
「ちょうど先日仕事で使ったばかりだから本当にびっくり。でも他の航空会社でも起こりえることで、仕事柄海外に行く必要があるので仕方がない」(37歳/商社)
「会社がアシアナを指定しているので、変えたくても変えられない」(27歳/美術)

一般人に航空会社の操縦士、整備状況を把握するのは難しいし仕事で使う場合拒否権がない、仕方なく使うという意見や、

「悩んでいても仕方がない。女は度胸」(33歳/マーケティング)

こんな男前な意見も。

■格安の料金、変更手数料、人間関係も楽観主義を後押し

「いつも安いので助かっている。今回はびっくりしたけれど、韓国に行く時にまた使うと思う」(25歳/メーカー)
「今予約を変えたら、変更料金がかかる。不安だけど何万円もかかるのはちょっと・・・予算もあるし・・・」(32歳/事務)
「不安だけど、友達と旅行を約束しているしかなり前から計画していたので、いまさら航空会社を変えたいと言い出しづらい」(27歳/アパレル)

楽観主義の裏には、格安の料金や、ばかにならない手数料の発生や、女性特有の人間関係も見え隠れしました。

一度搭乗してしまえば、逃れることが困難な飛行機事故。悲痛な事件を二度と起こさない為にも、徹底した整備と改善を願ってやみません。


posted by ピータン at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。